売れ筋ランキング

店長日記

こんにちは!!
店長の小野です。
日々の出来事を綴ります!! 
読んでみてください♪

店長日記はこちら >>
Facebookはこちら>>


お客様の声

これまでのお届けした商品について、たくさんのご意見・ご感想をいただいております!!
お客様の声はこちら≫

携帯ページ

HOME»  CONTENTS»  店長の1日

店長の1日

8:00 開店の様子

水の取替えや、配達、葬儀がある日はお寺へ葬儀用生花を移動したりする。

9:00 秋田市の中央卸売市場へ

切花のセリは月・水・金の10時からで、イメージほど早くはない。買参権を持った人だけが参加できるセリで欲しいものを買う。国内、海外からの色々な花がどんどんセリ落とされていく。

買い足りなかったり、少しだけ欲しいものは仲卸さんで集める。親切で優しく、色々なことに的確にアドバイスしてくれる仲卸さんは大事な存在でもある。

12:00 店へ戻る

店に帰ったらすぐに水揚げ(花に水を吸わせる)をする。新聞に包み熱湯に数秒間つけてから冷水に入れる「湯あげ」や水の中で茎を切る「水切り」、茎をたたいて割る「根本割り」など、その花にあった下処理を行うことで、花持ちも良くなる。

13:30 ちょっと遅いお昼ご飯
14:00 生け込みその1

定期的に花を入れ替える契約が「生け込み」といわれる。飲食店さんや、美容店さん、病院さんなどがお得意様。

特に月曜日は飲食店さん用に作る花が多い。それぞれの店の雰囲気や壁紙の色、照明の当たり具合、風水的な場所に気を使いながら花を生ける。同じデザインや花材を使わないようにするにも工夫が必要だ。
16:00 生け込みその2

店で生けられない大きなものは現場で作る。バケツや花材、掃除道具を持参して居酒屋さんへ。和風の店なので枝物を多く使って仕上げる。

17:00 今度はお店の仕事

今日の仕事の整理を始める。明日の段取りや花の確認をして帳簿をつける。小さい店なのでやることはいっぱい!

19:00 最後の仕事に出発

川反に向けて出発。数店舗を廻って新しい花に入れ替える

 

20:00 ようやく終わりです

店に古い花を降ろして一日の仕事が終わり。お疲れ様でした!